Buzzing noise.

散らかった頭の中をさらに書き散らかしています

海角七号 君思う、国境の南

海角七号/君想う、国境の南 [DVD]

海角七号/君想う、国境の南 [DVD]



音楽がとっても良く、台湾の雰囲気が味わえるし、バンドを通じて色んなメンバーの思いが垣間見え、重なり合っていく感じはいかにも映画という感じで胸が高鳴る。

台湾と日本の関係性を知らなければ、物語のキーである海角七号のエピソードは理解しづらいのかもしれない。
手紙の書き手の男性のくどくどしさがわたしにはかなりいらっときた。日本占領期に台湾へやってきた書き手の男性は、台湾の女性と恋に落ちて一緒に日本へ戻ることを約束するが、結局自分だけ日本へ逃げ帰る。それはラブレターでどう言い訳しようと、二重の植民地支配でしかなかったのではないか。
シングルマザーが、日本人にひどいことをされたと打ち明ける会話がある。このエピソードは伏線のようで、結局回収されないんだけれど、台湾の人々の日本に対する複雑な感情が垣間見えるエピソードだ。おそらくシングルマザーの女性は、日本人の男性との間に子どもを作ったが男性の方は日本に家庭があったとかなんかで、ふたりを置いてどこかへ行ってしまったんだろうというのが容易に想像できるだけに、胸に嫌なものを残す一言だなと思う。

最後の最後に身も蓋もないことを書くんだけれど、実はヒロインのひとの顔が、まったく好みじゃなくて、見ているのがつらかった。全然お互いの事も見てないし気にしてもなさそうだったメインの二人が突然イイ雰囲気になるところが謎すぎて思わず吹く。一番盛り上がるシーンに入れこめないのはほんと残念だよなー…